【斉藤やすおの一般質問6月】

平成28年度まで、29年度以降のごみ処理

 今後ごみ処理を行なううえでは、暫定処理・本格稼動という概念を払拭して、28年度までの短期計画、29年以降の中期計画、小金井市内稼動終了後の長期計画に分けて計画を進めるべきである。

1. 28年度までの短期処理

斉藤: 柳泉園組合(清瀬・東久留米・西東京)西多摩衛生組合(羽村・青梅・福生・瑞穂)への広域支援による処理は21年度で終了する。その後処理しきれなくなるごみの処理は、プローポーザルコンペ等により市内で非焼却システムにより処理する方法を早急に検討すべきである。

市長: 国分寺市と結んだスケジュールをこなすのが広域支援を受ける原則である。今後広域支援の形態は変わると思う。非焼却は現実的にできるものであればやっていきたい。

斉藤: 広域支援の見通しもはっきりしない。自力での処理の方針もたたない状況は危機的である。

2. 29年度以降の中期計画

斉藤: 21年度の7月に専門家による「処理方式選定委員会」が設置されることになっている。処理方式については、プロポーザルコンペなどにより、広く様々な技術を求めるべきである。

市長: 専門家を交え大勢の方々の意見を聞きながら決めていきたい。

3. 他市の実績に学ぶべきである

斉藤: 北海道の白老町では実証実験の結果を受けて「加水分解」による処理施設を建設中である。この取組についての見解を求める。

ごみ処理建設担当部長: 21年3月に完成すると聞いている4月以降実際の施設稼動を注目したい。

この他に「小金井市耐震改修促進計画」について質問しました。

P1010416

P1010412

― posted by 管理者 at 11:32 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.7 >>
SMTWTFS
  1 23 4 5
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1699 sec.