[ Tags :: 富士山頂からのご来光 ]

斉藤やすおの『とびとび日記』8月

 私の日記はいつも三日坊主。でも書き留めておきたいこともたまにありますので、おつき合いください。そこで「とびとび日記」とさせて頂きました。

 8月○日 富士登山 

 昨年は9合5勺で断念した富士登山ですが、今年は念願の山頂征服ができました。昨年の行程は8月下旬の土日だったため、大渋滞により時間切れとなってしまったので、今年は8月初旬、スタート時間も早めて金曜日に挑戦することにしました。昨年と比べ登山客も少なく、マイペースで歩くことができました。

 五合目(2005m)を6時にスタートし、六合目・6時35分、七合目・7時35分、八合目(3020m)9時30分と快調だったのですが、この後、疲れと多少の渋滞でペースがガクンと遅くなりました。

 本八合目(3360m)11時45分、八合五勺・12時45五分、前回の撤退場所1時40分、山頂に立ったのが3時でした。

 これからご来光までの時間が長く寒く、とても辛かったです。後から聞いたことですが、数日前には山小屋の水道管が凍結したそうです。

 3700メートルは水平距離では二十分もかからず走れる距離ですが、高度というものはすごいものだと改めて思い知らされました。そして人間は地球上のごく表面だけでで生活しているものであり、環境に守られて生きているのだと。

P1010555

P1010543

― posted by 管理者 at 09:58 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2018.7 >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0332 sec.